大久保朱夏

東京在住のフードライター&食のクリエイター。実母が67歳でアルツハイマーと診断され、4年後に症状が悪化。ひとり暮らしが困難になったため、1年数カ月の間、横浜の実家で介護をしていました。母と向き合ってきた日々の食卓をつづります。