認知症の母が喜ぶ毎日ごはん

おうち美容院の女子トークが食欲旺盛の秘訣 認知症の母が喜ぶ毎日ごはん

フードライター大久保朱夏さんが、認知症のお母さんとの生活のなかで見いだしたレシピを紹介します。「男は何もわかってないのよ」。髪も心も女子トークも軽やかに。

※料理は普通食です。かむ力やのみ込みに配慮した介護食ではありません

たこと豆苗のチャーハン

母はよく「年齢の割に白髪が少ないのよ」と、誇らしげに言う。丈夫な歯と同様に、髪は母の自慢のひとつだった。
ショートカットのため、えり足が長くなると気になるようで、2か月に1度、バスに乗って商業施設の美容院へ連れて行った。店長さんに、カットが終わったら私の携帯電話に連絡を入れてもらうよう頼んで、私は自由な時間を楽しむ。
しかし、いつの日からか、母は美容院で「やめて」と大声をあげるようになってしまった。「美容院に行きたいって言うから連れてきてあげたのに」と、思わず私も声を荒らげる。
そういうことが続くようになり、訪問理容サービスに切り替えた。母の担当になったのは50代の女性の美容師さん。カットした髪の毛が床に飛び散らないように工夫された円盤状のクロスを手際よくかけ、ハサミを動かしながら「いい髪の毛をしていますね」「髪がすぐのびるのは、お元気な証拠ですよ」とほめるので、母も気分がよさそう。時には、美容師さんが自分の身の上話を聞かせたりして、「男は何もわかってないのよ」なんて言葉を母が返した。
訪問理容サービスの後は、母の穏やかさが持続し、食欲も旺盛だった。ボリュームのあるチャーハンもペロリ。

たこと豆苗のチャーハン

食べ応えのあるたこと、シャキシャキした豆苗の組み合わせ。油と相性のいい豆苗は色鮮やか、チャーハンの具にしてもおいしいですよ! たこに切り目を入れて食べやすく工夫しています。ゆでだこに塩気があるので、塩は少量に。最後にしょうゆをたらして風味づけをします。

材料 2人分

冷やごはん 茶碗2杯分
ゆでだこ 120g
豆苗 1/2パック
にんにく 1/2かけ
サラダ油 大さじ1
塩 少々
しょうゆ 3〜4滴

作り方

  1. たこは薄いそぎ切りにして細かい切り目を入れる。豆苗は長さ3cmに切る
  2. フライパンにサラダ油、にんにくを入れて弱火で熱し、にんにくの香りが出てきたらごはんをほぐしながら炒める
  3. たこと豆苗を加えて炒め合わせ、塩をふり、しょうゆをたらして味を調える

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について