なかまぁるクリップ

コンビニだけで「ちゃんとごはん」に簡単アレンジ 一人分の時短レシピ

コンビニ食材を活用し、最低限の調理器具ですぐにできる料理を紹介します。限られた時間の中で食事作りをサポートしているホームヘルパーさんだけでなく、料理に不慣れな人でも大丈夫。味つけの失敗なく、簡単にできる4品です。新型コロナウイルスの感染拡大予防で自炊が続くときにも便利なレシピができました。今回はセブンイレブンを活用し、頼れるコンビニごはんをアレンジしてみましょう!

※料理は普通食です。かむ力やのみ込みに配慮した介護食ではありません

調理が苦手な人でも作れる時短レシピその1、豚の角煮うどん。新型コロナウイルス感染拡大予防によるウィズコロナや自粛生活で、自炊が続くときなどにも便利です

1. 豚の角煮うどん

冷凍うどん+チルド惣菜の豚角煮

1食分ずつ個包装されている冷凍うどんは、電子レンジ加熱すれば短時間で解凍できるので、買い置きしておくと便利です。チルド惣菜の豚の角煮は、電子レンジか湯せんで温めて袋を開ければそのまま食べられます。とろりとしたタレの風味とコクで満足感のある一品に。

ホームヘルパーさんや料理が苦手な人も作りやすい、豚の角煮うどんのレシピを紹介。材料をレンジであたためるだけで作れます

材料 1人分

冷凍うどん 1玉
豚の角煮(チルド惣菜) 1袋

作り方

  1. 冷凍うどんは袋の表示通り電子レンジで温め、器に盛る
  2. 豚の角煮は袋の表示通り電子レンジで温め、1にのせる
  3. 冷凍カットねぎ(あれば)を2に散らす

やわらかく煮えた市販の豚の角煮は高齢者でも食べやすいので便利です。冷凍カットねぎなど、香味野菜を散らすと、彩りがよくなり食欲がアップします。

●ちょっとアレンジ

うどんのかわりにごはんすれば、豚の角煮丼になります。

調理が苦手な人でも作れる時短レシピその2、やわらかチャーハンゆで卵のせ。新型コロナウイルス感染拡大予防によるポストコロナや新しい生活様式で、連続する自炊に疲れたときなどにも便利です

2. やわらかチャーハンゆで卵のせ

チャーハンおにぎり+ゆで卵

チャーハンおにぎりは、ほぐして使うことで雑炊のようなやわらかいチャーハンにアレンジできます。チャーハンをイチから作るよりも楽チンで、しっかり味つけされているので満足感の高い一品になります。チャーハンとの味のバランスを考え、煮卵を使いましたが、ゆで卵でも、温泉卵や厚焼き卵でもOKです。

ホームヘルパーさんや料理が苦手な人も作りやすい、やわらかチャーハンゆで卵のせのレシピを紹介。材料をレンジであたためるだけで作れます

材料 1人分

チャーハンおにぎり 1個
ゆで卵 1個
水 大さじ2

作り方

  1. 耐熱皿にチャーハンおにぎりを入れてほぐし、水をふりかける
  2. ラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分ほど温めて混ぜる
  3. 再びラップをかけ、数分おいて蒸らし、ゆで卵を半分に切ってのせる

チャーハンおにぎりは、水をふりかけて電子レンジでやわらかくするところにワザあり! パラパラのチャーハンが食べづらいという人でも、雑炊のようにやわらかくすれば口の中でまとまり食べやすくなります。スプーンで量を調節できるのもいいですね!
ゆで卵をプラスすることで不足しがちなたんぱく質を補います。

●ちょっとアレンジ

ツナマヨおにぎり・サケおにぎりなども、このテクニックでやわらかいごはんに変身!

調理が苦手な人でも作れる時短レシピその3、豆腐入りとろみスープ。新型コロナウイルス感染拡大予防によるafterコロナや自粛生活で、外食をひかえがちなときにプラスするのもおすすめです

3. 豆腐入りとろみスープ

フリーズドライの汁物+豆腐

お湯を注ぐだけで飲めるフリーズドライの汁物は、長期間保存できるので買い置きをおすすめします。味もバリエーション豊富なのであと1品ほしいときにもってこい! めん入りの汁物を使いましたが、かきたま汁やみそ汁を使ってもOKです。

ホームヘルパーさんや料理が苦手な人も作りやすい、豆腐入りとろみスープのレシピを紹介。材料をレンジであたため、熱湯をそそぐだけで作れます

材料 1人分

フリーズドライのにゅうめん 1個
豆腐 小1丁(150g)
熱湯 180ml

作り方

  1. 豆腐は1cm角に切り、キッチンペーパーにのせて水けをきる
  2. 器にフリーズドライのにゅうめんを入れ、熱湯を注いで混ぜ、1を加える
  3. ごま油(あれば)を少々たらし、ひと混ぜする

夏の疲れで食が細くなったときにおすすめの汁物です。豆腐から不足しがちな植物性たんぱく質を補給します。ごま油の香りで食欲をそそり、エネルギーもアップ!

●ちょっとアレンジ

ねぎを散らしたり、もみ海苔や桜えびを加えるとさらに風味がよくなります。

調理が苦手な人でも作れる時短レシピその4、サバロールサンド。新型コロナウイルス感染拡大予防によるwithコロナ、ステイホーム生活で、外食を控える日の食事としてもおすすめです

4. サバロールサンド

チルド惣菜のサバ塩焼き+カット野菜+ロールパン

チルド惣菜の焼き魚は電子レンジで温めるだけで食べられるので重宝します。サバの塩焼きは皮まで香ばしく焼かれ、塩けもきいているので、そのままサンドイッチの具に使えます。後片付けで魚焼きグリルやフライパンなどを洗う必要なしというのも時短のうれしいポイント。包丁いらずで、すぐに野菜が食べられるのでカット野菜も便利です。

ホームヘルパーさんや料理が苦手な人も作りやすい、サバロールサンドのレシピを紹介。材料をレンジであたためるだけで作れます

材料 2人分

ロールパン 4個
サバ塩焼き(チルド惣菜) 1枚
カット野菜 1/2袋
マヨネーズ 大さじ4

作り方

  1. ロールパンに包丁で切り目を入れ、マヨネーズを塗る
  2. サバの塩焼きは袋の表示通り電子レンジで温めて食べやすくほぐす
  3. 1のパンに2とカット野菜をはさむ

サバの塩焼きと野菜で「食べた」という満足感が得られ、たんぱく質が補えます。家事や介護に忙しいと、おかずなしでパンだけで空腹を満たすなど、どうしても自分の食事がおろそかになりがち。単品ごはんが続くと栄養不足に陥るので、家族の介護をしている人にもおすすめしたい一品です。

●ちょっとアレンジ

カット野菜のかわりに、ポテトサラダをはさんでもおいしくいただけます。

<まとめ>

セブンイレブンの食材を使って不足しがちなエネルギーとたんぱく質がとれる料理を紹介しました。味つけされたコンビニ食材を活用することで、下ごしらえも味つけの必要もなし。短時間でおいしいごはんができます。ぜひご活用ください。

※料理に使用した商品は地域により取り扱いがないことや、内容やパッケージが変更になる場合もあります。ご了承ください。

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について