間 学(あいだ・がく)

1957年東京生まれ。数年前、突然の母の死でアルツハイマー型認知症が加速度的に悪化した父「タカオさん」との共同生活が始まった。タカオさんにとっては「自分の息子を名乗る怪しい男」との妙な緊張感と刺激に満ちた新生活。遠慮し、警戒し、夢見て、黄昏れて、ヘンテコな言動を繰り返す。漫画にしたら、タカオさんが笑った。だから今でも描いている。