タカオ★FANTASISTA

テレワークは自分と話す呪いの作業?あいつは怪しい男だが心配じゃよ

アルツハイマー型認知症のタカオさん。スケッチされたその不思議な世界観を、間学(あいだ・がく)さんがコレクションしています。日本のみならず、海外の人の注目も集めている作品の数々。タカオさんのガイドつきで紹介します。ようこそ、タカオ美術館へ。

TELEWORK さて皆さん・・・落ちついたこの誰かの部屋で最近テレワークにいそしんでいるわしじゃよ・・・
作品名:テレワーク

わしの息子を名乗る怪しい男との同居も随分と長く続いておるんじゃが、最近、やつがコソコソと何やら始めおってな。パソコンに向かって誰かと良からぬ相談をしているようなんじゃ。人様に迷惑をかける悪事なんかに手を染めておったら大変だから、やつが留守の間にそのパソコンを調べてみることにしたんだよ。 こう見えてわしだって少し前まではパソコンを使ってたから、要領はだいたい分かっとる。このボタンで起動して、おお、早いな、もう画面が現れたぞ。ええと、それでっと、何か怪しいモノは、ん、何だこいつは、見慣れないアイコンじゃな。ポチッといくか、ポチッと。おお、おお、わしが映っとるじゃないか、わしがしゃべっとるぞ。わしがしゃべっとるぞって、わしと同時にわしがしゃべっとる。鏡と同じじゃないか全く。鏡と同じなら洗面所でも用が足りるのに、そうか、そうだったか、洗面所にわざわざ行かなくても鏡を見られるってことか。でもやつはずうっとコレに話してたな。自分にか? やつは自分と会話していたのか。どっか悪いんじゃないのか? 大丈夫なのかな、一度病院にでも行った方がいいんじゃないのかな。

次回:いつもより多めに動いております!いったい、どうしたら笑ってくれる?

前回:気になるヘルパーさんに和菓子を奮発。下心も豆苗もまずは種まき そうじゃろ?

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について