タカオ★FANTASISTA

カエルと海馬の意外な関係 記憶力の低下も成長のうち?

話し好きは生まれつき。どこだって誰とでも気楽に話が始まるタカオさん。
……ご出身は? ご兄弟は? そうですか釣りがご趣味で。私はどうも魚が苦手でね。そういえば外来種が増えて大変なんでしょ?
あ、思い出した。ご存じですか? パラドクスフロッグ。アマゾンにいるカエルですけど。オタマジャクシの体長が25センチ。でかいでしょ! でもね、成長してカエルになる頃には体長6センチになっちゃう。そんな不思議な生態の謎はまだまだ解明されていないらしいですよ。そうそう私の海馬も最近ちょっと萎縮しはじめましてね……。

“Did you understand that old man's story?”
“Not at all ... but I just felt like I was taken over my head.”
“You too ? ... I also feel like something in my head.”

アルツハイマー型認知症の実父「タカオさん」をモデルに、不思議な世界観をイラスト化している間学(あいだ・がく)さん。手がけた作品は、日本のみならず海外の人の注目も集めています。作品一つひとつの思いや、学さんがそこに見たものを教えていただきました。

次回:確かに似てる!縮むなら、太らせてみよう タツノオトシゴ(DHAでね)

前回:「時」と良い関係を作るのは難しい?タカオさん流、付き合い方の秘訣

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について