タカオ★FANTASISTA

タンゴやサルサで旅行気分 時空も国境も超えて、儀式にトリップ?

アルツハイマー型認知症のタカオさん。スケッチされたその不思議な世界観を、間学(あいだ・がく)さんがコレクションしています。日本のみならず、海外の人の注目も集めている作品の数々。タカオさんのガイドつきで紹介します。ようこそ、タカオ美術館へ。

Go up the stairs to play music 音楽を奏でるように階段を上がっていくとな・・・行きたい場所に行けるんじゃよ
作品名:Go up the stairs to play music
神に召される話じゃないぞ。わしにはまだまだやり残したことがたくさんあるからね。ただ問題なのは、少々身体が不自由になってるから、それから記憶の方もなかなかおぼつかなかったりするから、行動規制がかかっておるんじゃ。緊急事態宣言を出すほどでもないが、まあその次くらいのレベルってところなんじゃないかな。そうそうこの前テレビを見ていたらバーチャルトラベルなんてものを紹介しておった。行かなくても行けるんじゃ。どこでもね。摩天楼だって、フィヨルドだって、ガラパゴスだって、桂林だって、どこだって実際に行った気になれるんじゃよ。バーチャルだから架空ってことだろうけど、まあ気持ちが大事だからさ。行った気分とか、味わった感じとか。ナントカって旅行会社だったけど、忘れちゃったからさ、自分でもっと簡単に行けるバーチャルトラベルを思いついたんじゃ。音楽じゃよ、音楽。アレはいいぞ、それこそ簡単に時空を超えられるからね。タンゴやサルサなんかはサイコーじゃ。行ったこともない中南米の街角にあっという間に着いちまった。スメタナなんか流したら一瞬で『わが祖国・モルダウ』が目の前に広がったぞ。わしの祖国じゃないけどね。ただちょっと気をつけないと、えたいの知れない民族ドラムなんか流したら、怪しい儀式に誘われて簡単に憑依されちゃうから……クワバラクワバラじゃよ。

次回:「退屈」は広大なスクリーン 大作見放題の制作し放題の男 その名もタカオ

前回:オイルサーディンの缶詰に見るわしの人生 魚臭い?潤滑油さ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について