タカオ★FANTASISTA

老後、パソコンはじめました「みそ汁にパクチー」から始まる現代詩集?

アルツハイマー型認知症のタカオさん。スケッチされたその不思議な世界観を、間学(あいだ・がく)さんがコレクションしています。日本のみならず、海外の人の注目も集めている作品の数々。タカオさんのガイドつきで紹介します。ようこそ、タカオ美術館へ。

A DAY FOR POETRY カタコトの詩 パソコンに向かって わしは詩を書いている カタコト カタコト パソコン 叩く音 カタコト カタコト 書いているカタコトの詩
カタコトの詩
老後の人生は愚痴やつぶやき、独り言の類でおおかた出来上がっているもんじゃが、それをそのままにしておくのも何だかもったいない気がして、始めてみたんじゃ。
パソコンに向かって、カタコトカタコトってさ。かかりつけの医者も「メモでも日記でも備忘録でも何でもいいから書くのはいいですよ」ってやたらと勧めてくるからね。
それでそうそう、こいつは確か先週の分だけど、えーと、順番はこれでいいのかな。「入れ歯は冷蔵庫に。バナナは1日3本が正解だ」「世界一複雑な日本のテレビリモコン問題と、パクチーがみそ汁に浮かんでいた衝撃」「気候変動が記憶消失に及ぼす影響と我が家の戸締まり問題」「自撮り、千鳥、ニトリ、人気の類似性に見るニッポン」「金曜日のヘルパーさんはバームクーヘンが好き」……うーん、週刊誌の記事のタイトルみたいな気もするけど、こいつはむしろ現代詩じゃな。

前回:名曲か迷曲か 聴いて吐き出す魂の叫び わしは行くぞ…でもどこへ?

次回:老人1人のキングダム 家来の歩行器とともに記憶の回廊をお散歩する

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について