なかまぁるクリップ

丹野智文さんの記事まとめ読み 若年性認知症とともに「笑顔で生きる」

丹野智文さん=戸﨑美和さん撮影

39歳で若年性認知症と診断された丹野智文さん。診断後は不安を抱えていましたが、先輩当事者との出会いや周囲の協力によって、認知症と共に生きる道を見つけます。現在も仕事を続けながら、講演活動で全国を飛び回り精力的に活動しています。なかまぁる特別プロデューサーでもある丹野さんのモットーは「笑顔で生きる」。インタビューや講演活動の様子など、なかまぁるが取材した丹野さんの「いま」をお届けいたします。

若年性アルツハイマーとともに 失敗したって笑顔で生きる 丹野智文さん

必要なサポートが介護とは限らない 若年性認知症と診断された丹野智文さん

認知症当事者を雇用する社長の話(1)サポートではなく理解が必要

働く意思のある社員を守る 認知症当事者を雇用する社長の話(2)

39歳で認知症と診断、働き盛りの男性が選んだ道 当事者サミット1

「私たちはどう生きるか」認知症の7人がトーク 当事者サミット2

あえて認知症を隠して講演 心が柔らかい学生の反応は 丹野さんの動画レポート

丹野智文さんの「認知症だからこそ」を探す旅~上海報告

認知症の人だからこそ、生み出せる価値も見える化を 未来共創ハブ開設

「認知症バリアフリー社会」目指して厚労省に100団体が集結。認知症官民協議会が設立式

認知症になっても母は母 韓国の仲間へ届け、私の思い

写真で見るサーフィンプロジェクト!

町田&八王子で新メンバーさん合同歓迎会~DAYS BLG ! の活動報告

「丹野智文さん」 WATASHI~戸﨑美和写真館~

『認知症になっても人生は終わらない〜認知症の私が、認知症のあなたに贈ることば〜』

『丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-』

「若年性アルツハイマーと向き合う」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について