なかまぁるクリップ

認知症の人はネット見られない? いやいや見られるよ 当事者・丹野智文さんの言葉

対談する丹野智文さん(右)と冨岡史穂編集長

「消費者」としての認知症の人のニーズを考える企業勉強会「認知症当事者とともに考える」の様子をお伝えする記事の後半です。認知症当事者の丹野智文さんと、「なかまぁる」の冨岡史穂編集長との対談は、あの大人気スマートフォン向けゲームにも及びました。

 「ポケモンGOをやっていた」と言えなかった

冨岡史穂編集長(以下冨):「ポケモンGO」をされるんですよね。

丹野智文さん(以下丹):会社の若い人たちに言われて、やってみたことがあるんです。友達との待ち会わせまで30分ぐらいあったから、町中で初めてやってみた。そしたらある人が、「テレビに出ていた丹野さんですよね。道に迷ってますよね、どこまで行くんですか」って。その時ポケモンGOをやってるって言えなくて。今はあんまりやってないです。 

丹野智文さん下_01
アラームなどのアプリを活用法にも工夫が

冨:ほかにもよく使うスマートフォンのアプリが?

丹:時計の目覚ましですね。バスが来るのが何分かなって見ても、すぐ忘れるから、だいたい気付くと(バスは)行っちゃう。だからバスが来る5分前にアラームが鳴るようにしてます。あとは乗り換え案内とか、グーグルマップとか。これだって、携帯電話を認知症になる前から使っていたから、使えるんですよ。

重度になる前に必ず初期がある

冨:同じ認知症でも、丹野さんみたいに若い人もいれば、90歳を超えている人も。それぞれにきめ細やかなサービスや支援があってほしいと。

丹:こういうところで登壇すると、うちの施設にいるおじいちゃんやおばあちゃんと丹野さんは、全然違うって言われるんですよ。そりゃそうでうよね、もともと40代と70代は違うでしょう。認知症の症状と老化は違うということは、もっと認識されていいと思う。

丹野智文さん下_02
「老化と認知症の症状は分けて考えるべきだと思います」

冨:認知症1千万人時代と言われています。これから増えていくのは丹野さんと同じように、インターネットを使い慣れた人たちで、認知症と診断される方たちですよね。

丹:認知症の人はインターネットなんて見られないよって言われます。いやいや、見られるよって。仙台で冊子を作ったときも、認知症の人は読めない、しゃべれないって言われる。読めますし、しゃべれますよ。みなさんに伝えたいのは、重度になる前に必ず初期があって、診断直後があるんですよ。そこを無かったことにして、重度の人ばっかり。メディアもそうですよ~(笑)。

冨:あ、メディアも…。

出来ないことをサポートするシステムを

冨:どういう情報が増えていけば良いですか?

丹:私は診断されて、1年間、毎日泣いてばかりいました。インターネットで調べても何一つ良い情報が無かった。不安と恐怖でつぶされそうになって、勝手に涙が出るんですよ。冊子なども、介護保険とか重度の人の情報ばかりで。そうじゃなくって、認知症になっても今までの生活をどのように続けていくか、そこに出来ないことがあったらそこだけサポートしてもらうようなシステム、それが必要なんです。

丹野智文さん下_03
「助けてくれる人はいっぱいいるんですよ」

笑顔で生きられると思える、当事者同士の出会いの場を

対談の最後に、会場の参加者から、「あったらいい、もしくはあって良かったと思う国や自治体の支援は」という質問が寄せられました。

丹:地元仙台で作り始めたのが、当事者同士が出会える場です。笑顔で明るい当事者に会って、こうやって笑顔で生きられるって思えた方がいい。いま認知症の人の支援はあまりないんです。重度になってからの支援ばかりで、診断直後から介護保険が使えるようになるまでの間は、何もないです。

冨:介護としての支援しかないのですね。実際には、認知症と診断されたときも、体は元気な人も多い

丹:だけどみんな、介護が必要だという視点だけで……。私はまだ介護は必要ないですよ。確かに切符は買えないとか、人の顔を忘れるとかあるけど、それだって助けてくれる人はいっぱいいます。必要なサポートは、介護ではないんです。当たり前の人付き合いで助けてもらえる部分があると思うので、そういうのが増えてきてほしいなあと思ってます。

野智文さん下_04
終了後の交流タイムでは、丹野さんと参加者が名刺交換するなど、しばらく会話の花が咲きました

 

 【丹野さんの記事はこちらにも】
認知症の人だからこそ、生み出せる価値も見える化を 未来共創ハブ開設

関連するキーワード

この記事をシェアする

この連載について

あわせて読みたい