今日は晴天、ぼけ日和

高齢ならワクチン接種は当たり前?打つ人打たない人それぞれの人生観

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

たくさんの人が歩いている

誰もが、ほっとしたように
僕に声をかけてくれる。

「ワクチン接種が済んで、良かったですね」って。

ワクチン接種をする人

けれど。
老いた体に、新しい薬をいれる不安。

若い君たちに分かるだろうか。

孫たちと縁側で過ごす男性

それでも、自ら接種を選んだのは。

また、あの時間を取り戻したいから。

私はどこかで「高齢者の新型コロナワクチン接種が広がれば、ひとまず社会は落ち着くかもしれない」と期待していました。

そして、実際に多くの高齢者の方々が、ワクチンを接種してくださっています。

けれど、そうした期待には、高齢の方々、一人ひとりへの配慮が欠けていたと気付きました。

なぜなら昨日、

ある高齢者から「僕はね、ワクチンは打たないんだ」と打ち明けられたからです。

理由を伺うと「痛いじゃないか」と冗談めかしながら、
「長年の仕事を終え、今ようやく人生の充実期にあるんだよ」と話されました。
今この時が、一番楽しい、と。

本意はわかりませんがそれが、その方なりの「打たない理由」だったのかもしれません。

ワクチンを接種する方も、
しない方もいらっしゃいます。
そこに差別があってはいけません。

ワクチンの接種ひとつにも、
その方だけの理由や人生観があるのだから。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について