今日は晴天、ぼけ日和

外された胸の名札 その気遣いは誰のため? まずは本人に聞いて欲しい

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

座っている人

認知症の私に
「疎外感を与えないように」と
誰もが気遣ってくれる。

並んでいる三人

ある日いつもの通いの場で
「施設のようだから」と、
胸の名札が外された。

名前を覚えるのが苦手な私は、友達を呼べなくなった。

たたずむ人

私の居心地を決めている、あなたは誰?
私に、聞いてほしい。
私のことは私に決めさせて。

認知症や障害を持った人たちが、

疎外感を感じずに、
共にいられるように。

そんな社会への視点を、
福祉に携わるわけでもない
友人知人からも聞くようになりました。
これ、すごい変化だと、思いませんか?

でも少し、意地悪な見方をすれば。
今まで私たちが
自分とは違う、と判断した人を
当たり前に追いやってきたことへの、
反動なのかもしれません。

だから思い出すのです。
マンガにとりあげた、名札の一件を。

人は優しく、時に与えたがりです。

今、私がしようとしていることは
誰の望みか、を
立ち止まり、考えています。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について