お悩み相談室

コロナワクチンはいつどこで?認知症の母に接種させたい【お悩み相談室】

予防接種を受ける人

地域包括支援センターで高齢者の相談に応じている山口明子さんが、認知症の様々な悩みに答えます。

Q.新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、私が住んでいる地域では高齢者施設が優先だと聞きました。私の母(74歳)は認知症でマスクをつけられず、訪問サービスを利用していて人の出入りがあるので、早く接種させたいです。どこに相談すればいいですか?(52歳・男性)

A.私が勤務する地域包括支援センターでも、新型コロナウイルスのワクチン接種について「いつになったら受けられるの?」「どこで受けられるの?」など、問い合わせが寄せられています。多くの方が「早く受けたい」と思っていることでしょう。

ワクチン接種の優先順位は、国で1.医療従事者 2.65歳以上の高齢者 3.基礎疾患がある人、高齢者施設の従事者と決められています。市町村や条件によっては訪問介護など、在宅サービスの従事者も優先的に接種できることがあるようです。

現在(2021年5月21日)、65歳以上の高齢者に向けてのワクチン接種はスタートしているので、お母さんもそれほど遠くはない時期に接種できるのではないかと思います。ただ、感染が拡大している中、一刻も早く受けさせたいというお気持ちもわかります。

ワクチン接種の運営については、各市町村が主体となっていて、接種スケジュールや接種会場、予約のとり方などについての問い合わせに対応する「新型コロナウイルスワクチン専用コールセンター」が設置されています。相談者の「認知症で感染対策をしにくいので早く接種したい」といった希望は、お住まいの地域のコールセンターに問い合わせてみるといいと思います。

ワクチン接種は、集団接種会場で受ける場合と医療機関で受ける場合があります。認知症の人は、慣れない環境や状況下で、混乱したり、不安になったりすることがあるので、医療機関のほうが落ち着いて受けられるかもしれません。できれば家族やケアマネジャーが付き添い、安心して接種できるような環境をつくれるといいですね。

【まとめ】認知症の母にコロナワクチンを早く接種させたいが、どこに相談すればいい?

  • 市町村に設置されている「新型コロナウイルスワクチン専用コールセンター」で相談する
  • 接種の際は、可能であれば集団接種会場ではなく、医療機関で、家族やケアマネジャーが付き添って受ける

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について