へもでもできるもん

デイサービス通い拒否の真相 ついにラスボスが姿を現した!

現役のケアマネジャー「へも」の周りでおこる出来事を、本人が描きおこします。
――デイサービス通いを拒否しているのは、実は妻ではなかった?

「コロナが心配なのは分かりますが・・・デイサー」「息子に買い物以外は外に出るなと言われてて・・・」
は?「息子さんって県外に住んでますよね? 今の状態を知ってます?」「迷惑をかけたくないから・・・言ってません」
『これは息子さんと話をするしかない』「私から今の状態をお伝えしてよいですか?」「はい・・・」
「ケアマネのへもです。少しお時間よろしいですか? 今の亀太郎さんですが・・・」息子さんに状況説明
「鶴子さんの介護負担が大きくなっています」「そうですか、でも・・・」
「デイサービスは反対です。コロナにかかったら誰が責任を取るんですか?」ばっさり「え!? それは・・・」
『なんなんだ!! なんなんだ!! この息子!!』イライライラ「では・・・訪問リハビリと訪問ヘルパーで対応するのはいかがでしょう?」
「それって家に人が来るってことですよね・・・」「そうなります」「少し考えさせてください」

前回「デイサービス?ダメ絶対!頑なに拒否…解決できる者にへもはなりたい」はこちら。

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について