今日は晴天、ぼけ日和

画面越しの面会に「あの施設、感染者出た?」 つきささる世間の目

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

画面越しの面会

僕が勤務する高齢者施設で、
対面の面会が中止されてから、もう一年が過ぎた。

でも心の奥では、変わらず、ずっと、
もう一人の自分が叫んでいる。

「本当に、家族が画面越しなんかでいいのか?」

心ない声を聞くひと

「あの施設、感染者、出したのかな?」

心ない誰かの声が聞こえてきた。

どの入居者さんにも直接、家族と会わせてあげたい。

あの僕の心の叫びは傷つけられ、しぼんでいく。

『介護士だけど、世間の目が辛い』@taka××−○

SNSに、消えそうな僕の思いを書き込んだ。

ウザイ、って思われるかもしれない。

でもこれが、今、高齢者を支える僕の叫び。

先日、高齢者施設で働く友人から、メールがありました。

「なにも事情を知らない人から、感染者はいるのか、とか、職員にはうつったのか、と聞かれる。心が潰されてしまいそうだ」

私は、はっ、としました。
情けないことに、私自身、同じことを介護士さんに聞いたことがあったからです。

なんて、傲慢な第三者なのか。

私はそれを口に出すのも恥ずかしく、友人に打ち明けることができませんでした。

コロナ下の今、現場の介護士さん達に、
なにができるのか、またなにをしないほうがいいのか、考えている方も多いと思います。

それには私のように、自分勝手に聞きたいことを聞くのではなく、

介護士さんたちから発せられる思いに、耳を傾ける必要がありそうです。 

共に考えれば、なにかひとつでもやれることが、私たちに見つかるはずです。

そして、介護士をされている方には、

可能なかぎり素直な思いを聞かせて頂けたら、と願っています。

人ひとりの心からの叫びには、誰かの心を動かす、確かな力があるのだから。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について