今日は晴天、ぼけ日和

日常でも仕事でもコロナ禍の重圧 弱音をこぼすのは心のストレッチ

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

心が、折れそう。

介護士の玉川さん。コロナ禍の緊張を強いられる日々に、疲れ果てていた。

『こんな気持ち話しても仕方ない・・・』

だから誰にも言わないのが最善、と玉川さんは考えた。……でも本当に、そうなのでしょうか?

「愚痴を聞いてくれてありがとう。心が軽くなったよ」

玉川さんは、その身をもって知っている。どんな気持ちも、話すことで光が当たることを。

介護士は、高齢者の心に、深く関わる仕事です。

それは「感情労働」とも呼ばれ、常に感情のコントロールを必要とされる仕事です。

介護士の穏やかな笑顔は、 高齢者への思いやりや、仕事の喜びだけではなく、
この感情コントロールによって、支えられています。

しかし最近、私の周りの介護士から、強いストレスや疲れを聞くことが、格段に増えました。

日常でも、コロナ禍に緊張を強いられ、
職務でも感情を抑制していたら、
どんな強い人間だって、疲れてしまうのは当然です。

弱音をこぼすことは、心のストレッチです。

そのやわらかな心の回復を、どうか大切にしてほしい、と願います。

チューリップに癒やされる玉川さん

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について