今日は晴天、ぼけ日和

心に戦火を残す人たち 言葉に耳を澄まし、声なき涙を見つめる夏

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

戦争番組が流れるテレビから離れる女性

八月。あなたは一人、テレビから離れる。この時期に流れる戦争番組に、記憶が揺さぶられないように。

戦火を思い出し、一人で泣く女性

それでもあなたは、一人泣く。多くは言葉にできず「可哀想」と口にするのが精一杯。いまだ戦火は、あなたの中に。

ひまわりの一輪挿しが置かれた窓辺

あなたの去った、八月です。あなたが生涯持ち続けた、命へのいたわりが、今もそっと漂っています。

とつとつと、断片的に。

よく耳を澄ませていないと、聞き逃しそうな語り口で、時には無言の涙で、

高齢の方々は、戦争体験を語ってくださいます。

皆さまの、血肉から出るような言葉を聞く時、私は返す言葉もなく、立ち尽くすしかありませんでした。

「高齢者から、戦争体験を聞くこと」

それは、知識や道徳だけでは辿り着けない、
命の大切さや、ただ生きることの価値を、
体温で知る行為なのだと思います。

今年もまた、平和を共に願う、
夏がやってきました。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について