今日は晴天、ぼけ日和

早く、早く……介護が「業務」になり、見失ったもの ハットしたある日の私

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

介護するひと

介護士の吉田くんは、仕事が遅い。 

ゆっくりじっくり、
相手に合わせるから。

陰口を言われるひと

「吉田くんがいると、仕事が進まない」 

同僚の陰口に、吉田くんは聞こえないふりをする。 

そうでもしないと、
仕事を続けていけないから。 

隣の人に寄り添うひと

「吉田くん、早くお風呂にいれて」
「吉田くん、早く食事をさせて」
「早く早く早く」 

それでも、吉田くんは、
隣の人を大切に。

介護職に、
手際のよさやスピードは、
あって当たり前。

介護現場で働いていたとき
勤務の慌ただしさに、
いつの間にかそんな考えが
私に定着していました。

だから「吉田くん」のような同僚に、
「早く動いてほしい」と
イライラすることがありました。

でも、ある日。
新しく来たリーダーが言いました。

「まだ仕事が終わってないなら、休憩時間をずらそう」 
「○○さんが今、お風呂に入りたくないなら、別日に声をかけようか」
「吉田くん、最後まで○○さんの話を聞いてあげて」

はっ、としました。

いつの間に私は、
人として当たり前の思いやりを、
失ってしまったのか。

私は、忙しさを言い訳に
高齢の方々や心あるスタッフを、
ないがしろにしていました。

そして私は、
私自身の心さえも、見失っていました。

介護が「業務」になるとき。
人は心を失います。

でも本当は私だって、
いつも吉田くんになりたかった。

今この時もきっと、誰かの隣にいる、
全国各地の「吉田くん」に敬意を込めて。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について