今日は晴天、ぼけ日和

誰かがみんなに みんなが誰かに「大丈夫」 希望で締めくくる2021年

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

あっ

あっ、という間に終わる一年。

と、よく言いますが、思い返せば
あっ、という間になんて
過ぎてくれない日々でした。

星

一転した生活様式、見えない明日に
何度うつむいたことだろう。

それでもどこからか聞こえる、希望の声。

「大丈夫だよ」

声をかけるひと

「大丈夫、大丈夫」

それは誰かの声でした。

そして、あなた自身の声でした。

介護士さんは言いました。
「きっと、大丈夫」と。

看護師さんも言いました。
「大丈夫、大丈夫!」と。

となりの誰かは言いました。
「大丈夫だよ」と。

先が見えないコロナ禍の日々。
リモートワーク、ワクチン接種、画面越しの面会……

大丈夫。
その言葉を口にするには、
どんなに勇気が
いることだったでしょうか。

言葉にしなくとも、
背中でそれぞれに
小さな明かりをともし続けて

私たちは
そろそろ今年を
終えようとしています。

どなたにも、
温かな締めくくりとなりますように。

たくさんのローソク

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について