今日は晴天、ぼけ日和

かっこ悪さもおおらかに笑えば福来たる!そんな2022年になりますように

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

笑福

2022年、明けました!

「笑う門には福来たる」と
晴れ晴れといいたいものですが…

隈取をした人

笑えないこともあるのが、
介護の日々で。

春を楽しむひとたち

それでも合間合間に
ほほ笑む時があるから、
また一年。

2022年の幕開けです。

この晴れの時期を迎えて
またどうにかこうにか私たちは、
歩んでゆきます。

人生の終末期を
目の当たりにする介護の日々は、
笑顔が遠く感じる時もあります。

家族やご自身が認知症となり、
明るすぎる新年の先に光を
見つけられない方もいらっしゃるでしょう。

それでも、
笑顔に立ち戻る道は
必ずあります。

笑顔さえ忘れ、
思い詰めてしまいそうな時は、
誰かに声をかけてみる。

そして周りは
「介護は、その家族のこと」と遠慮せず、
おせっかいのトライ&エラーを
今年はやってみませんか?

間違っちゃった。
かっこ悪いの見せちゃった。
おせっかいしちゃった。

そんなお互いの人間らしさを
おおらかに笑いあえる、
2022年になりますように。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について