今日は晴天、ぼけ日和

「離れていても思っています」コロナ禍で会えない日々の小さな思いやり

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

お父さんお元気ですか? 畑仕事はほどほどにちゃんと食べてね! 有二

「離れていてもあなたを、思っています」

会えない家族からの1枚に、
晴れていく心。

へっくしゅん「す、すみません」「いえいえ」

一期一会の2人が交わす一言は、

日頃の緊張をゆるめ合う、
小さな思いやり。

おすそわけ! 山田より

ノブにかけられた優しさに、
微笑みが循環していく。

今日も、人と人の合間で。

ここ最近、
ちょっとした人の思いやりが、
しみじみと胸に染みることが
増えてきました。

それはこのコロナ禍で、
人と人との距離が離れ、
私にできた心の隙間が
温もりを求めた結果でしょう。

私の周りでも
心を疲弊させた人たちが、
ちらほらと出てきました。

先の見えない今ですが、
私たち一人ひとりを照らす灯は
すぐそばの誰かが持っていると、
思えてなりません。

いつの日か必ず、
「あんなこともあったね」と
分かち合える日が来るのだから。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について