フォーカス

若年性認知症を描いた映画「スーパーノヴァ」 監督からなかまぁるへ

映画「スーパーノヴァ」のハリー・マックイーン監督から、なかまぁる読者へのメッセージ

2021年7月から公開が始まっている映画「スーパーノヴァ」。監督と脚本を務めたハリー・マックイーン監督から、なかまぁる読者へメッセージビデオが届きました。
ビデオ撮影は、マックイーン監督が住むイギリスでも新型コロナウイルスの感染拡大が再び懸念されていた7月に行われました。ビデオには、この映画が、認知症の方々の生き方から刺激を得てつくられたものであることのほか、読者のみなさんへの健康を気づかうメッセージも込められています。

映画の詳細はこちら

映画の公開情報はこちら (新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、休館など劇場の営業状況が変更する場合があります)

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について