お悩み相談室

施設で暮らす認知症の母と旅行に行きたい 注意点は?【お悩み相談室】

旅先で過ごす母と娘のイメージ

介護の次世代育成に取り組む坂本雅子さんが、介護・支援活動を生かして認知症の様々な悩みに答えます。

Q.認知症の母(82歳)は2年前から施設に入所しています。今すぐは難しいですが、自由に行動できるようになったら母を連れて温泉旅行に行きたいと思っています。はじめての宿に泊まることや車での移動に不安があります。注意点はありますか?(57歳・女性)

A.お母さんとの温泉旅行、素晴らしいですね! きっとお母さんも喜ばれると思います。確かに車での移動など、不安もあるでしょう。トイレや歩行の問題などもあるので、まずはご本人の状態に合わせて、負担がかからない移動時間で行ける場所を選ぶことをおすすめします。トイレのために、頻繁にパーキングエリアなどに寄らなければならないこともあるかもしれません。お母さんが同行しない場合と比べて、倍くらい移動に時間がかかるイメージで予定を組むといいと思います。

宿選びは、バリアフリーであること、お風呂や食事処が部屋から近いことなどがポイントになると思います。認知症の人は、普段とは違う環境が苦手なので、宿では不安を感じることもあるかもしれません。お母さんが入所している施設のスタッフに、寝る前のルーティンやどれくらいの明るさの部屋で寝ているのかなどを確認して、できるだけ普段と似たような環境を整えられるといいですね。

同行するご家族に理解していただきたいのは、お母さんはおそらく、以前とは状態が違っているということ。例えば以前は温泉が好きだったかもしれませんが、今はそれほど興味がなくなっているかもしれません。以前できていたことが、できなくなっていることもあるでしょう。以前のお母さんのイメージで同行すると、ご家族はショックを受けたり、がっかりしたりして、せっかくの旅行が楽しいものではなくなってしまうかもしれません。お母さんの状態が変わっていることを予測して、気持ちに余裕をもって同行してほしいと思います。施設のスタッフに、お母さんの今の状態を確認しておくことも大切です。

お母さんは家族一緒に時間を過ごせることが、何よりうれしいと思います。すてきな思い出として残るような楽しい旅になりますように。

【まとめ】施設に入居している認知症の母を温泉旅行に連れて行く際の注意点は?

  • 負担のない移動時間で行ける場所を選び、通常よりも余計に移動時間がかかることを想定して予定を組む
  • 宿泊先の部屋では、できるだけ普段と同じような環境を整える
  • 施設のスタッフにお母さんの今の状態を確認するなどして、以前とは違う状態であることを理解しておく

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について