今日は晴天、ぼけ日和

どんな一年でしたか 人との距離は離れた分、心の距離は近づきました

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

離れてしまった距離を、
誰かが、優しさで
埋めようとしていた一年でした。

誰かに近づくことさえ、
決心が必要な、日々でした。

人知れず
あなたの灯りが
誰かを照らした、2020年でした。

いつもどこでも
コロナの影がつきまとう。
…そんな一年でした。

だからこそ、多くの方が
人の命に思いを馳せる
年にもなりました。

それは自分の命や
そばにいる人の命だけではなく、

「知らない誰か」の命にまで、
及んだのではないでしょうか。


激動の一年。

誰もがそれぞれに
迷いながらも、

できる限りのやり方で、
今日ここまでやってきました。

今年も、もうすぐ
除夜の鐘が鳴ります。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について