今日は晴天、ぼけ日和

嫁姑の長く冷たい関係 「聞こえないありがとう」が雪解けのはじまり

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

長年、義理の母の介護をしている。
なにをしても母からは
ありがとう、の一言もない。

やって当然、と
思っているんだろうか。

ショートステイに泊まった、母。
介護士さんから、
信じられない話を聞いた。

母が周囲に、私への感謝の気持ちを
話していたというのだ。

いまだ母から、
ねぎらいの言葉ひとつ、
聞いた試しがない。

…でも。
ほんの少しだけ、報われた私がいる。

このマンガは、
私が訪問介護員をしている時に、
何度もあった、エピソードです。

介護士をしている方なら、
ああ、と頷いてくださる内容かも
しれません。

家族介護では、
長年のわだかまりから、
心理的に非常に辛い、
介護の日々が続くことがあります。

そんな苦しい状況の、
すべてを変えることはできなくとも、

ほんのひとすじでも、
心が通うような光があれば、
どれほど日々が変わることか、
と思います。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について