タカオ★FANTASISTA

あらくまさん、ありがとう お礼に…シェキナベィベェ。自家製味噌だぜぇ

謎の行動が日々進化し増大する深夜劇場。タカオさんが演目の合間に冷蔵庫の前で仁王立ちして、「自家製」って書いてあるパックの味噌を味見していた。こっちの姿に気がつくと悪びれもせずに味噌がついたヘラを突き出して笑っている。軽い眩暈を起こしそうになりながらも、恐々タカオさんへの質問を考えたけど何も思いつかなかった。まあいいや、まるで蜂蜜でもなめてる子供みたいに幸せそうだったからね!

I'm sorry, but I don't have honey.
This is homemade miso...

アルツハイマー型認知症の実父「タカオさん」をモデルに、不思議な世界観をイラスト化している間学(あいだ・がく)さん。手がけた作品は、日本のみならず海外の人の注目も集めています。作品一つひとつの思いや、学さんがそこに見たものを教えていただきました。

次回:タンゴの神さまがイベントに降臨 盆ダンスもたちまち前衛舞踊に早変わり

前回:3日間行方不明の「入れ歯」。悪戯好きのタカオさん、どこへ隠した?

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について