今日は晴天、ぼけ日和

メリークリスマス。あなたは僕の声が分かるかな。会えないけれど声を届ける

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

その人を、
忘れる日なんてないのに、
忘れたふりをして生きている。

もう僕の顔も
名前もわからない人に、
今さら電話してどうする?

でも年末だから。
せめて声だけでも、贈りたいんだ。

認知症がある、家族や親しい人と
一度、疎遠になると、
その距離は開いてゆきがちです。

きっと自分のことなんて
忘れてしまったろう、

とか、

今更なにもしてあげられない、

という思いから、

連絡がとりづらくなり、
ご自身を責める方も
いらっしゃいます。

でも、自分で考える以上に、
誰かへの思いは、
相手を励まし、支えます。

「私はあなたを思っています」

なにか特別なことを話さなくても、
電話一本、
あなたの声がギフトになります。

あなたの声を届けたい人は、
誰ですか?

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について