今日は晴天、ぼけ日和

コロナに「慣れた」その意味は、感じているものとかけ離れていました

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

もう、マスクにも慣れてしまった。
「コロナ」が来てから、随分たつ。

私自身への感染など、気にしてる暇はなかった。
慣れるしかなかった。
目の前の人を、守るために。

患者さんと、会えなくなったご家族をつなぐのも、私。

増えた役割を一身に背負って、
さまがわりした日常を、生きている。

先日、病院勤務の介護士さんから、
近況を伺うことがありました。

「コロナ下の勤務に、慣れてしまった」

そう、笑顔で話す彼女の、
介護士としての「慣れ」は、

最近、私が感じるようになった
コロナ下に対する慣れとは、
かけ離れているように思いました。

病院に勤務し、人の命に添い、

コロナ下で新たに生まれた日常に
「慣れた」とは、
どれほどの重圧からの言葉でしょうか。

私も以前は、
感染したら命に関わるだろう、
高齢の方や病をもつ人たちのことを
思って、手洗いやうがいし、
行動を起こしていたはずでした。

けれど、最近いつのまにか、
そういった方々を忘れ、
コロナ下に慣れてしまった自分が、
いるのです。

そして、今、
また感染者が急増しています。

今度こそ、どう行動してゆくか。
自分本意になりがちな心に、
問いかけています。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について