今日は晴天、ぼけ日和

「今日は起きよう」。気持ちと体が動き出す朝、目覚める”私のリズム”

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

訪問介護ヘルパーの鳥羽くんが来ると、
今日は起きよう、と気持ちも体も動きはじめる。

鳥羽くんは、私を急かさない。
その背中はゆっくりと、
私を待っている。

鳥羽くんがいると、
私のリズムが戻る。
私らしい1日が、はじまってゆく。

高齢になったり、認知症が進むと、
ご自身で1日のリズムをつかむのが
難しくなりがちです。

なので、
訪問介護ヘルパーが起床を促し、
はじまりのリズムをつくるのを
目的とした、ケアがあります。

通称、朝ケア、と呼ばれるものです。

なかでも鳥羽くんのように、
見事な朝ケアを提供する、
介護士さんがいました。

ご本人に無理矢理、
エンジンをかけるのではなく、
ご本人の流れに添いながら、
リズムを引き出す、介護士さんです。

ケア時間は限られているので、
ヘルパーの私は、ついつい、
ご本人の手を引っ張るような、
その場しのぎの時間の流れを、
作りがちでありました。

けれど、
鳥羽くんのような介護士さんの働きは
朝ケア本来の目的に留まりません。

多くの高齢者が、仕事だ家族だ、と、
外側のリズムに合わせてきたであろう
人生の締めくくり、

そのひと本来のリズムを取り戻す、
重要な役割を、になっているのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について