今日は晴天、ぼけ日和

ユニバーサルデザインじゃない けれどあふれる主催者の思いと気遣い

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

認知症カフェ店主の、みどりさん。
トイレに行ったはずの、吉岡さんが、
戻ってこないと思ったら…

認知症があってもなくても、
誰がそうなのかわからないまま、
一緒にいることは難しいのかな?

吉岡さんから、教えられたこと。
それはまた、みどりさんの手から、
誰かの居心地につながっていく。

コロナ下で、開催頻度は減っていますが
認知症カフェのように、
ハンデの有無に関わらず誰でも気軽に過ごせる場に、
私も参加する機会があります。

それらの
「誰でも気軽に過ごせる場所」は、
民家に近いつくりで、いわゆる
ユニバーサルデザインとは、
程遠いつくりでした。

それでも、
誰でもつかえるように、
という主催者の方々の気遣いが
あふれていました。

ユニバーサルデザインを取り入れた完璧な施設を見るよりも、
私にとっては、
自分と地続きの「生きやすい日常」を
想像するきっかけとなりました。

以前の私はそれらの場所を、
特別な場所として、
とらえていましたが、

思えば、
私たちの日常のほうが、よほど
限られた人しか使えないつくりの
非日常なんだ、と気付きました。

どなたも私も、
「こんなハンデを持ってます」と
わざわざ周りに伝えることなく、
自然にいられる日常を願います。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について