今日は晴天、ぼけ日和

認知症と共に生きる。もし、私の歩いてきた道が、そこに続くなら…

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

いつか私も、
認知症になるかもしれない。

認知症は、
これから私が、巡り合うかもしれない、
可能性のひとつ。

私の歩いてきた道が、
そこに続くなら。

絶対に、認知症にならないように。

そんな声を聞くと、私はちょっと寂しい気持ちになります。
認知症はそんなに、忌み嫌われるものでしょうか?

私が介護士になって良かった、と思うことの一つに、認知症と共に生きる方々との、出会いがあります。

ひとりひとりを数にしては申し訳ない、と思いつつ、きっと優に、百人二百人は越えているでしょう。

そしてそれは、
人間は本来、どんな時もおおらかに生きられる、と教えられた、
何百回もの出会いでもありました。

認知症になったらどうしよう、と不安を持つのは、当然かもしれません。

けれど「認知症はこんなに大変だ」と伝えるニュースの裏には必ず、
「それでも、なんとかなるもんだよ」と日々を生きる、当事者の方々の笑顔があるのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について