今日は晴天、ぼけ日和

トゲのある言葉をあなたにぶつけてしまう 私はいつまでたっても子ども

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「ティッシュ、持ったの?」「るせーな、何度聞くんだよ」

私はぼけたあなたに、刺のある言葉をぶつけてしまう。

「持ってきなさい」気をつけてね「ん。」

昔から、礼ひとつ言わない私を、あなたはどう思っているんだろうか。

 「くしゅっ」

あなたはずっと、あなたのまま。

「るせーな、何度聞くんだよ」
「いい加減にして」
「いっそ、いなくなってほしい…」

老いていく親へ、そんなたぐいの言葉をぶつけてしまうことがあります。

親はいつまでたっても親、と言われますが、
子どもだって親の前では、いつまでたっても子ども。

そう思えば私自身の未熟ささえ、愛しく思えてくるから不思議です。

老いていく親と共に、私たち子どもも、
最後まで成長してゆくのでしょう。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について