今日は晴天、ぼけ日和

いくら飲んでも孤独に押し潰されそう…その時ドアを叩いたのは

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

飲む時だけ一人を忘れられる

奥さんを亡くした金森さんは、お酒に飲まれてしまう日々が続いている。

ドンドン「・・・さん、金森さん」

医師の指導も受けているし、体も辛い。けれど、やめたいのにやめられない……孤独感に押し潰されて。

ささやかなつながりが私を明日へ向かわせる。「はい、回覧板」「・・・おう」

たかが隣人の訪問。けれどそのふれあいが金森さんを、明日へと後押しする。

ギャンブル依存、薬物依存、スマホ依存…。
依存症には様々ありますが、私が知る限り高齢者には、アルコール依存が目立ちます。

高齢ともなると、家族や友人を亡くすことが増え、付き合いも減る孤独感から、お酒に溺れてしまうリスクが高まるのでしょう。

私だって一人になると、しょっちゅうスマホをいじって寂しさを埋めているので、依存症は他人事と思えません。

孤独と人生は切っても切り離せませんが、
孤立は防ぐことができます。

金森さんのように、ささやかなつながりでも、依存症の回復の助けになります。
なによりこの出来事で、「私にも、当事者にできることがあるかもしれない」と私自身が思えるようになりました。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について