認知症、はじめました。

一人は不安でそわそわするの。春遠からじ?父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。父さんの心に寄り添う、家族愛。

認知症、はじめました57「春先不安定」
父が認知症と診断されてから3ヶ月ほどの、春が近づいてきた頃
母から電話がかかってきた「留守番?」
「最近お父さんまた不安が強くて、お母さんが長く外に出るのをすごく嫌がるのよ」
「お母さんと入れ違いでいいから、来週の金曜日、お昼ごろに来てくれない?」
というわけで実家へ『最近は安定してたと思ったのになあ・・・』
『でも仕事休めたし、まあよかった』今日あったかいし・・・
春先は、なんかそわそわするからかなあ

次の回〈58〉のお話:手をつき階段を上る背中 思ってたのと違うから…

前の回〈56〉のお話:心配しているからこそ、イライラしちゃったの

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について