今日は晴天、ぼけ日和

筆にしたためた願いは天へ 今年もますます善きお顔で届け「ぼけ日和」

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

やってきました、新年!

ここぞとばかりに願いをこめて、新春開眼。

ふるえる筆跡の、めでたさよ。

書き初めの墨の匂いが立ちのぼり、皆さまの願いも天へ届く。

今年も天晴れ、ぼけ日和。

笑門福来。今年もますます、善きお顔。

ぼけ。

現在、福祉の現場では差別的な意味合いがあるとして、
「ぼけ」とは呼ばず「認知症」と呼ぶのがほとんどです。

それでも「ぼけ」という日本語の響きが持つ、おおらかな可笑しみ、温かみには、
人の心をなぐさめる何かがあるようです。

「うちのばあちゃん、ぼけちゃってね」

そんな、当たり前の日常にある、
「ぼけ」という呼び方は、

ぼけてもぼけたなりに、
自分らしい生活を見つけられるような、
希望さえ感じます。


今年もはじまりました、ぼけ日和。

ぼけを通じて、皆さまと天晴れな生き方を、
共有できたら幸いです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について