今日は晴天、ぼけ日和

心が爆発しそうなときは、まず逃げて。大丈夫、あなたはとても人間らしい

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

DON!! え? ZZZ

なにが原因なのか分からない。いつからか、あなたに手をあげたくなる私がいる。

びゅん

爆発しそうな気持ちが湧いてきたら、真っ白になる前に、私はあなたから逃げる。考えるのは、後でいい。

草むらの中で休むイメージ

私はとっても、人間らしい人間。

高齢者への虐待は、絶対に許されるものではありません。

けれど、ストレスを抱えた介護者が、
被介護者に、手を上げてしまいそうになったり、大声を浴びせてしまいそうなる「心情」を誰が責められるでしょうか。

実際、私もその心情には覚えがあるし、
悲しいかな、暴力の現場に居合わせたことが何度かあります。

完璧じゃない私たちは誰だって、
虐待の加害者になる可能性があるのです。


だからこそ、もし、
自分自身が手をあげてしまいそうになった時。

一秒でも早く、相手がいるその場から立ち去ってほしい。

トイレにこもって叫んでもいいし、
コンビニまで走ってもいい。

相手から逃げることです。

衝動的なその気持ちが収まるまで、どうかあなたの心を、あなた自身が守ってあげてください。

そして、一息ついたら、ケアマネージャーでも家族でも友達でもいい、

その人間らしい気持ちを身近な誰かに話して、抜け道に出逢ってほしい、と心より願っています。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について