今日は晴天、ぼけ日和

「急ぎなさんな」と語りかける花束 生きがいとともに息づく花屋さん

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

町の花屋の店主さん

その花屋の店主さんは。

曲がった腰を、もっと折り曲げ、
冷たい水にしわしわの手を入れて、

花を束ねる。 

「かわいくできたでしょ?」

花束の注文は、彼女の楽しみ。

ゆっくりゆっくり時間をかけて、
「とびきりのひとつ」を作る。

田中生花

その花屋は今日も、
しっかり町に息づいている。

「そう、急ぎなさんな」と。

ある日、急きょ花束が必要になり、
慌てて花屋に飛び込みました。
けれど、店に貼り紙が。 

「ちょっと、休憩に行ってきます」

近隣に他の花屋もなく、
時計を気にしながら、待つこと30分。
戻ってきた店主さんは、なんと
80代後半に見える女性でした。

驚きながら花束を頼むと、その方は
私の時間などお構いなしに
ゆっくりゆっくり花束を作りはじめました。

「このお店は、生きがいなのよ」

店主さんのひとことに、
私は生き急ぐ自分を恥じました。

『早くしてほしい』

今まで私は高齢の方々に、
なんど胸の内でつぶやいてきたことか。

年齢を重ねても、
その人らしく、
生きがいと共に暮らせる町。

私たちは、
自身の心に余裕を持つことで、
そこに近づけるかもしれません。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について