今日は晴天、ぼけ日和

隣の芝生は青いもの 百点満点の介護なんてない 頑張るあなたに花丸を

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

笑顔の人たち

あの家族がうらやましい。
みんなで支えあって介護をし、
励ましあって。 

それに比べて、私ときたら。

顔をしかめる人たち

恥ずかしいほどの、未熟者。
笑えないし、怒ってばかり。
どんどん自分が嫌いになる。

……でも。

見上げるふたり

「まぁ、いいか」と口にしてみる。

気楽に、気楽に。

こんなに悩み、嘆くのは
自分なりにやってきた証しだから。

うまくいっていない時に
自分と似た状況でうまくやっている人を見ると、
落ちこんでしまう時があります。

人と比べて、更に自分を追い込んでしまう悪循環。
特に日常に介護があると、悩みは尽きません。
 
ただ、私が訪問介護員になり、
多くのご家庭に入らせて頂き、
ほっとしたことと言えば 

「どの家庭の介護も、百点満点ではない」
ということでした。

不謹慎かもしれません。
でも、私はそこに慰められたのです。

それぞれにとりつくろいながら
図太く生きている人の姿は、
「介護なんて、不完全で当たり前」
を私に教えてくれました。
 
だから、
今日もなんとかやっているご自身には
せめて、お気持ちの上だけでも
花丸を。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について