今日は晴天、ぼけ日和

診断後の「大丈夫」は本当の心の声? 一人にせずに声をかけ続けて

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「大丈夫だから」

認知症と、診断を受けた
その人は言った。

『大丈夫』

デモソレハ、ホントノココロカナ?

人の顔

本当につらい時、人は
消え入りそうな心を見せない。

ひとり、霧の中へ。

振り向くひと

だから声を。

あなたの声が、
霧の中のその人を
振り向かせるから。

認知症に限らず、病の診断を受けた直後のショックは計り知れません。

そんな時も成人した私たちは、子どものように泣きわめけず、

逆にぼんやりとした
無感覚な状態に陥りがちです。

しかも同時に、周りへの気遣いができるほど優等生になったりもします。

もしかしたら周囲は、
それを落ち着いた状態と見るかもしれません。

が、その時こそ一人にさせてはいけない、と
私は思っています。

なぜなら人は心が弱れば誰だって、
普段のその人なら望むはずもない
思いがけない行動に出ることもあるからです。

声をかけ続けることです。

人の声は、人を日常にひき戻します。
それは霧の中でさまようその人の、命綱になります。

励ます必要はないし、
日常のなんてことのないあいさつをしあうだけでもいいのです。

人は弱くもなりますが、
それをくつがえすほどの強さがあると
私は信じています。

だから信頼して、声をかけながら。
その人の新たな旅路を
せめて見守りたいものです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について