仲間と一緒に輝き続ける

番外編・京都女子旅 前編

自撮りで! 堀田聰子さん(右)とともに。姉妹とよく言われます(笑)。なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。この連載は、東京都八王子市のデイサービスで、認知症当事者スタッフとして働く、さとうみきさんが綴るエッセイです
自撮りで! 堀田聰子さん(右)とともに。姉妹とよく言われます(笑)

こんにちは、さとうみきです。
今回は緊急事態宣言も明け、
気分転換にDAYS BLG! はちおうじ(以下、BLG! はちおうじ)もお休みを頂き、堀田聰子さん(認知症未来共創ハブ代表)をパートナーに女子旅を計画。
感染対策をきちんとし、1泊2日で京都へ行こう!
そして、京都と言ったらお会いしたい方が……
わたしと同じく、2年前に若年性認知症の診断を受け
コロナ禍でオンラインではご一緒にお仕事をした下坂厚さんにも会いに行こう!

艶やかに色づいた紅葉
艶やかに色づいた紅葉

そんな女子旅は、せっかくだからと
あれこれ会いたいひと、見学に行きたい場所などを付け加えていくことになり
気がつけば「女子旅」から「女子訪問旅」へ。

東福寺にて
東福寺にて

初日は早く出発し、紅葉を見に「東福寺」へ

時間が限られている中での散策。
わたしは結婚してから家族であちこち旅行へ出かけていましたが、
京都は中学生の修学旅行以来と気づきました。

座ってマッタリと癒しの空間
座ってマッタリと癒しの空間

午後からは、私たちの訪問にあわせて企画してくださって実現した下坂さんとの対談に向け会場へ。
兵庫県などからもオンラインで知り合った方をはじめ
たくさんのはじめましてのみなさまにお会いすることができました。

不思議な感覚
オンラインではみなさんご一緒していたので
「はじめまして」がちょっと照れくさくもありました(笑)

何だかしっかりした姉に注意を受けている妹のようなわたし(笑)
何だかしっかりした姉に注意を受けている妹のようなわたし(笑)

無事に対談も終わり
奈良から、若年性認知症当事者の平井正明さんも駆けつけて下さり、1年ぶりの再会。

下坂さんは「なかまぁる」でも度々ご登場されていますが、
一眼レフを常に持っていらして、
かしこまらない自然な表情のみなさんを撮影されていました。

下坂さんのSNS
「#記憶をつなぐ」の下坂さんから見える
今日この日、大切なひと、大切な場面の記憶をそっとのぞかせて頂いた気持ちです。

わたしもスマホに日常の記録にとたくさんの写真がたくさんあります。
わたしも写真を見返しては、いつも記憶をたどっております。

対談を終え、下坂厚さん(中央)たちとともに集合写真! あれ? 奈良から平井正明さん(左から2人目)も駆けつけて下さいました
対談を終え、下坂厚さん(中央)たちとともに集合写真! あれ? 奈良から平井正明さん(左から2人目)も駆けつけて下さいました

2日目の様子は次の回へ続きます

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について