認知症、はじめました。

頑張れ!わたし ピンチに備えて走るぐずっ子 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。あれこれ考え心配することは、悪いことだけではないようです。

認知症、はじめました147_こぼればなし27「ふだんはぐず」
レビー小体型認知症とわかった父であるが「はじめました」
これから先、どんな生活になっていくのだろう
「治らない病気」「どんどん悪くなる」つい悪い方に考えてしまう
いまは父の不安が強くて、母が出かけにくいらしいけど「でかけるな」
困りごとがこの先もどんどんふえて・・・ばたん
父と母ともだおれになったりしたら・・・きゅー ぐおー ギャー
ダメだ!! ほかにも頼れるところを作っておかなくては!!
早いとこいろいろ手続きしよっ 不安は行動のエネルギー

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈148〉のお話:平日の市役所で申請 まごつく自分に覚えた不安

前の回〈146〉のお話:父さんはもしかして…自己診断で思い悩む

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)発売中!!
詳細はこちらをクリック 

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について