今日は晴天、ぼけ日和

わたしの居場所に許可は必要ですか? そこに居るのは命そのもの

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「そこに居て、いいですよ」

私の存在に、
許可を出すのは、誰?

正面を見る人

人が居ることは、騒々しい。
動かなかろうが、生々しい。

居ることは、命そのものだから。

隣り合う手

私が居る。
あなたが居る。
隣り合う命のざわめきを。

A子さんが入所した、
有料老人ホームを訪ねた時のことです。

食堂で談笑していると、
スタッフさんがにこやかに、
声をかけてきました。

「A子さん、そこに居ていいからね」

何げない一言でしょう。
A子さんもぼんやりと聞いていましたし、
他施設でもよく聞く声かけです。

相手を安心させてあげたい、という、
配慮の表れともとれます。


それでも、私はこの言葉が嫌いです。


当たり前の生活のなか、
ただ居る自分に、
なぜ許可を出されなくてはいけないのか。

私は誰にも、私の存在に
「居ていい」なんて言われたくありません。

何げない言葉の積み重なりが、
お互いの関係性をつくっていくからこそ、
自戒として思うのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について