今日は晴天、ぼけ日和

あなたは「なんの人」ですか? 認知症への共感は自分を見つめることから

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「あの・・・ここにいるどなたが認知症の人、なんですか?」

彼女はやさしい人。
相手を知った上で接したい、と思っている。

『認知症の人に失礼があってはいけないし・・・その人には気をつけないと。もし、余計な一言を言って傷つけてしまったら?』

彼女は気遣いの人。
相手の心を大切にしたい、と思っている。

あなたは、「なんの人」ですか?

でも彼女は知らない。
自分のことを。

認知症。
名前がついている分、その特性は明らかです。

それゆえ、
認知症当事者ではない、私たちは、
そのわかりやすさと、過剰な気遣いから、
間違いを犯しがちです。

「認知症の人」というように、
その特性でその人自身を見る、
というような過ちです。

私たちは誰だって、個人的な特性があります。

認知症の症状が実際は、
周りからは見えないほど曖昧なように、
自身の特性も、個人が自覚的にならない限り、発見することは困難です。

自身の特性を知っていなければ、
他人の特性への共感は難しく、
相手を「認知症の人」の枠に、
閉じ込めてしまうでしょう。

まずは自分自身に、目を向けること。

それが、
特性を露わにして生きる方と、
ともに過ごす際の
礼儀ではないでしょうか。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について