今日は晴天、ぼけ日和

「困ってますか」の声 その一歩で助けられる人がいるかもしれない

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

膝を抱えて座る人

あの人、どうしたんだろう?
声をかけてみようか。

いやいや、おせっかいだろう。それに、変な人だったらどうする。

…でも。

通帳を持つ人

「あの…なんか、困ってますか?」
僕の声はみっともなく、上ずった。

「……は? 大丈夫だけど」
返ってきた答えに、顔が赤くなる。カッコ悪い自分! 

でも、その手の通帳はぼろぼろで、なんかやっぱりおかしくて。

声を掛ける人

「散歩ですか?」
「えっと、銀行に行きたいんだけど…」

重ねた会話はどこに向かうか、僕にもわからない。

…でも、もう少し。
もう少しだけ、近づいてみるんだ。

令和元年の1年間に、警察に届け出があった行方不明者のうち、認知症またはその疑いが原因と考えられる人は、1万7,479人にのぼるそうです。

私は今までに五回、帰宅困難になった認知症当事者の方と出会っています。それも、この人数の多さゆえでしょうか。

でも、これを読んでくださっている方の中には、行方不明になった当事者とは会わない、または見つけられない、という方がほとんどではないでしょうか。

何故でしょう?


もしかしたら、あることへの理解があるかないか、の差かもしれません。


それは「道に迷っている、認知症の当事者はいない」ということです。

多くの場合、さまよわれる当事者の方々には目的地があります。
つまり、ご自身の心情としては、迷っているのではなく、目的地へ向かっているだけ、なのです。

今一度、故郷に帰りたいのもしれませんし、誰かに会いたいのかもしれません。

その思いが勝るゆえ、声をかけても「大丈夫です、○○に行く途中です」などと、ごく自然に返答されるのです。

でも、私たちは頭でその返答を理解しても、そのちぐはぐな様子をどこかで感じ「なんだか、おかしい」と、うっすら気づくのではないでしょうか。

だからこそ、もしかしたら、という方に出逢ったら。

声をかけてみる。
会話を続けてみる。
その方を頭だけではなく、心で感じてみる。

間違ったっていいじゃないですか。
あなたのおせっかいが、必ず誰かを助けます。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について