今日は晴天、ぼけ日和

「何もしない」をする ただ隣にいるだけという価値は思った以上に

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

向き合う二人

高齢のあなたと、
私の間にできた、自由時間。
正直、間がもたない。

私は、なにをしたらいいのだろう?

腕を上げる二人

じゃあ、一緒に体操でもしましょう。

一緒に、一緒に。

一緒にいるのに離れてゆくような、
この虚しさはなんだろう。

タンポポの綿毛と二人

なんにもしない、って
なんでこんなに難しいんだろう。

ただ一緒にいる。

その余白の時間こそ、
あなたの心に触れられる時。

「認知症当事者の方々と、なんにもしないで過ごすこと。本当はそれがしたいんですけど、実際、難しいんですよね」

先日、とある認知症カフェの開催に関わっている方が、ひとりごとのように漏らしました。

私は、私の心の内を言われたようで、ぐっと、言葉に詰まりました。

『なんにもしないことが、難しい』

これは、私が認知症対応デイサービスに勤務していた時から、常に抱えている、モヤモヤです。


認知症カフェにしろ、高齢者施設にしろ、提供者側は、
利用される方の時間を少しでも、価値あるものにしよう、と必死です。

でも、
なにかをしなければ、価値は生まれないと、思っているのは提供者側だけで、

案外ご本人は、ただゆっくり、お話をしたいだけかもしれません。

提供する、のではなく、
ただ隣りにいる、という、
静かな忍耐の価値を思います。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について