今日は晴天、ぼけ日和

「どうせ話しても分からない」は本当かな。「伝わる」をあきらめない

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

距離のある2人

「この話は難しいかな?」

認知症の進んだ母が困らないように
会話を選んでいたら、
話しかけられなくなってしまった。

…でも。

顔を押さえる人

母には、
話してもわからない。

その僕のあきらめは、本当かな?

距離が縮まった二人

だからもう一度、

母の隣に立ち、話してみた。
母を見つめて、頷いてみた。

この人には、
話してもわからないだろう。

認知症があってもなくても、
どちらかに、そのあきらめがあると、
お互いの孤独は深まります。

たとえば、私に
英語で難しい話をされても
内容は全くわかりません。

けれど、わかることがあります。

感情です。

嬉しそうだな、
辛そうだな、
恥ずかしそうだな。

内容は理解できなくとも、
話してるその人の心は、
なんとなく、伝わってくるものです。

お互いの思いを感じあって、
頷きあうこと。

人と深く心を通いあわせるために、
それ以上のものがあるでしょうか。

そしてその温かさが、
人を孤独からすくう、
命綱になり得るのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について