認知症、はじめました。

100人載っても大丈夫なアレの中に広がる小宇宙 父が認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。私が生まれたとき、両親はどんな思いだったのかな。大事に思ってくれていたはずだけど。

次の回〈111〉のお話:決戦は家庭訪問日 ソファをめぐる母娘の攻防

前の回〈109〉のお話:本邦初公開! あさと家居間の全貌が明らかに!!

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について