今日は晴天、ぼけ日和

老いが、恐いですか。年をとともに積み重なる「それ」に気づいていますか

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

老いるということ。

耐え難い別れさえ、
受け容れていくこと。

老いるということ。

動かない体に、
慣れていくこと。

老いるということ。

人生の締めくくり。
本当の幸せを見つけていくこと。

老いるということは、
ご自身だけの年輪を
幾層にも重ねてゆく、
尊いこと。

けれど、

家族、友人、仕事、健康。
そして、
積み重ねてきた年輪の記憶。

それらを失うかもしれない、
老いの現実を思うと
足がすくみます。

なのに、なぜでしょうか?

失ってゆくものの裏に
それでも失われることのない、
「本当の幸せ」が残る気がするのは。

本当の幸せなど、
人の数だけあるでしょう。

けれど、
高齢の方のそばで暮らし、
老いた自分の心境を想像する時、

今ある生き方を見直し、
本当の幸せに、私自身を
近付けたくなります。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について