今日は晴天、ぼけ日和

励ましの言葉が凶器になる あなたは私を 私はあなたを知り得ない

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

そう、私に言ったあなたへ。
あなたには一体、私の
なにが見えているのでしょうか。

   

あなたは、知らない。

私がひとりでいる時の苦しみ、
人には見えないように
している、それらを。

   

私は、あなたを知らない。
あなたも、私を知らない。

だから、私たちは、
手探りで近付いていく。

   

「認知症には、見えないね」

その言葉が当事者の方に
かけられる場面に、
何度も居合わせてきました。

やるせないのは、
そう口にした方々に悪気はなく、

むしろ、
「そんなに悪くは見えないよ」と
ご本人を励ましたい気持ちがあった、

というところです。

認知症も
うつ病も
障害も。

周りの私たちは
その名称やパターンを知れても、
ご本人だけが抱える痛みを
知ることは困難です。

こうやって、
認知症の記事を書いている私も
「ある程度、わかっている」
という傲慢さがあだになって、

当事者のお気持ちを傷つけた
ことが何度もあります。

「相手のことが、わからない」

それは恥ずべきことではなく、
誰かを理解したいと願う時の、
最低限のマナーなのかもしれません。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について