今日は晴天、ぼけ日和

「自分らしくいられる場所」はきっとある 安心できる場所は人それぞれ

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

ぼけ日和 第106話

母の介護の合間に、
介護者が集まる会に参加してみた。

けれど口下手な私は、
逃げるように帰ってしまった。

集団のそばで戸惑う人

介護の悩みを気兼ねなく、
自分らしく話せる場所がほしい。

でもそんなことを思うのは
ワガママかな?

パソコンに向き合う人

それから私は
安心の場所を、
パソコンのなかに見つけた。

自分らしく
いられる場所は
人それぞれ。

介護者家族が集まった、
ある会の帰り際。

家族の介護をしている女性が
ぽつり、こぼしました。

「人が苦手だから
 予想してはいたけれど、
 話を聞いてもらいたかったのに
 疲れただけだった」
 
そう話す彼女は、
とても寂しげでした。


『人が苦手だけれど、
 誰かに話を聞いてもらいたい』


その一見、相反する気持ちは、
人なのだから一緒にあっても
いいのではないでしょうか。 

全ての人が、
対面でのコミュニケーションに、
心地よさを感じるわけでは
ありません。

今はSNSもありますし、
カウンセリングで、
プロの手を借りることもできます。


大切なのは、
話を聞いてほしい、という
心からの願いを
あきらめないことです。

普段、人一倍、無理しがちな
介護者という立場です。

自分だけの心の拠り所くらい、
誰の目も気にせずに、
選びたいものです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について